トップページ | 町からのお知らせ | 学校等の土壌中放射性物質測定結果

学校等の土壌中放射性物質測定結果

 11月7日(月)に町内7か所の学校等において、校庭等の土壌を採取し、ゲルマニュウム半導体検出器による放射性物質の測定を行いました。
 測定結果は、放射性ヨウ素131はすべて不検出(※1)、放射性セシウム134及び137の合計は58.0〜114.7ベクレル/sで、食品の暫定規制値である200ベクレル/s又は500ベクレル/s(※2)や農用地土壌中の上限値である5,000ベクレル/s(※3)を下回っています。
 なお、一般の土壌中における放射性セシウム濃度の基準値は示されていません。

土壌採取日

 平成23年11月7日 午前9時16分〜午前11時22分 

気象条件

 11月7日9:30現在 天候:晴れ 気温:23.8℃ 湿度:62%

測定方法

 平成23年5月12日に文部科学省が示した「土壌調査の実施要領」に基づき、校庭等の中心付近の30cm離れたポイント2箇所で地表から深さ5pの土壌を採取して混合し、ゲルマニュウム半導体検出器を用いたガンマ線スペクトロメトリーによる核種分析法による。

測定日

 平成23年11月10日 午前8時32分〜11時8分

測定結果

(単位:ベクレル/s)

測定場所  ヨウ素131 セシウム134 セシウム137 セシウム合計
滑川幼稚園 不検出  29.4 44.0 73.4
福田小学校 不検出  33.0 64.1 97.1
宮前小学校 不検出  46.7 51.4 98.1
月の輪小学校   不検出  35.4 41.8 77.2
滑川中学校 不検出  51.1 63.6 114.7
総合グラウンド 不検出  31.5 26.5 58.0
東武グラウンド 不検出  45.5 56.3 101.8

※1〔不検出〕:検出限界濃度以下であることを示し、ヨウ素131の検出限界濃度は8.6〜13.2ベクレル/sでした。

※2〔200ベクレル/s〕:飲料水、牛乳・乳製品の放射性セシウム濃度の暫定規制値、〔500ベクレル/s〕:野菜類、穀類、肉・卵・魚・その他における放射性セシウム濃度の暫定規制値(「放射能に汚染された食品の取り扱いについて」厚生労働省平成23年3月17日)

※3〔5,000ベクレル/s〕:玄米中の放射性セシウム濃度が食品衛生法上の暫定規制値(500 ベクレル/kg)以下となる土壌中放射性セシウム濃度の上限値(「稲の作付に関する考え方」原子力災害対策本部平成23年4月8日)

お問い合わせ
【小中学校・幼稚園の放射線量について】
教育委員会
電話:56-6907
【小中学校・幼稚園以外の公共施設の放射線量について】
環境課・生活環境担当
電話:56-6909