トップページ | 観光情報 | 天然記念物 ミヤコタナゴ | 滑川町エコミュージアムセンター

滑川町エコミュージアムセンター

エコミュージアムセンター外観 〒355-0803
埼玉県比企郡滑川町福田763-4
Tel.0493-57-1902
Fax.0493-56-5143

 滑川町エコミュージアムセンターは、平成12年に完成しました。滑川町の自然や文化をまるごと博物館(エコミュージアム)に見立て、活用するための拠点施設で、「谷津の里・滑川町」に関する自然や文化などの各種情報収集や提供が行われています。
また、国指定天然記念物ミヤコタナゴ(日本固有の淡水魚)の人工繁殖やその生態に関する調査・研究など、野生復帰の実現に向けた取り組みを行っています。

開館時間

10:00〜17:00

休館日

毎週月曜日・毎月第3日曜日・祝日(※定休日と重なった場合は、その翌日も休館)・年末年始

交通

東武東上線「森林公園」駅下車(池袋から60分 川越から27分)

「森林公園」駅北口から路線バス

  1. 西口経由立正大学行き、または立正大学経由熊谷行きで5分、「森林公園南口入口」下車徒歩5分
  2. 森林公園(南口)行き直通バスで終点下車徒歩5分。

滑川町エコミュージアムセンターのコンセプト

ミヤコタナゴからの出発

エコミュージアムセンター外観  1985年に、埼玉県では絶滅したと考えられていたミヤコタナゴが、滑川町内の沼(=農業用ため池)で発見されました。関東地方各地の湧水のある池や小川に点々と分布していたミヤコタナゴは、里山の自然が失われるとともに、いつの間にか見られなくなっていました。
滑川町では、ミヤコタナゴがいつまでもすめる町をめざし、自然と共存できるまちづくりを進めています。

エコミュージアムとは

エコミュージアムセンター内観  エコミュージアムとは、もともと地域にある自然、そして歴史や文化を、そのまま守り伝えていこうとする新しいまちづくりの考え方。貴重な地域の財産を大切に将来へ守り伝えていきたいものです。

関連施設リンク